新着情報

News & Topics

2022.01.18

2022年1月15日一般公開・「1.17希望の灯り」レポート

2022年1月15日は 一般公開及び「1.17希望の灯り」でした。

こちらは受付の様子。

13時から会場だったのですが、それ以前から来られる方が多かった印象です。

3C6A4381

この日の気温は8.7度。隧道内は10.5度でした。

受付では、受付表の記入を行います。

3C6A4815

検温、手指の消毒をおこない、隧道内へと入っていただきます。

3C6A4810

斜路ではパネルを一枚ずつ、じっくり見る方がとても多かったです。

今月は震災のメモリアルイベントとして「1.17希望の灯り」を開催しました。
斜路を降り切ったところで、湊川隧道保存友の会の佐々木から、
今回の「1.17希望の灯り」について話をしました。

3C6A4385

13時半になると、分灯されてきた「希望の灯り」からロウソクに火を移し、灯籠に灯りを付けていきます。

3C6A4415

光の灯ったロウソクを手に、隧道内を進んでいきます。

3C6A4425

一人ずつ、慎重に運んでいきます。

3C6A4432

火が消えないようにゆっくりと。

3C6A4491

それぞれの場所でスタンバイ。

3C6A4479

合図で竹灯籠に火を灯していきます。

3C6A4516

3C6A4504

隧道の奥には竹灯籠で作られた「1.17」の文字。

こちらも、参加者の方々と一緒に火を灯していきます。

3C6A4553

今回は、お子さん連れで来られる方も多かった印象。

小さなお子さんも、真剣な眼差しで火を灯しています。

3C6A4602

全ての竹灯籠に火が灯りました。

3C6A4786

竹灯籠が並ぶ隧道内部の様子。

3C6A4999

1.17の数字。

3C6A4894

竹灯籠の光と、隧道内の光がマッチしています。

3C6A4933

阪神・淡路大震災から27年。
実は、湊川隧道も震災で下流側坑門が崩壊し、隧道内部の一部で煉瓦の剥離、亀裂などが発生しました。
震災の影響もあり、湊川隧道は役目を終えることになったのですが、この「希望の灯り」を通して、震災について考えるきっかけになればと思っています。

全ての火が灯ったら黙祷をしました。

3C6A4717

この日の来場者は350名。
兵庫区内の方がたくさん来られていました。

ちなみにこの日は共同通信とJ:COMの取材や、神姫バスのツアー、みんなのバスのツアー参加者の方々も来てくださいました。

3C6A4949

一般公開後は、湊川隧道保存友の会メンバーで片付けをしました。

3C6A5049

友の会では、一緒に活動してくれる仲間を募集しています。
年に一度だけの参加でもオッケーです。
一緒に活動してみませんか?
活動してみたいなと思う方はこちらへ。

そして現在、隧道ではフォトコンテストを実施しています。
みなさまのご応募、お待ちしております!

スクリーンショット 2021-12-08 22.03.55 令和3年度湊川隧道フォトコンテストチラシ裏

 

2022年10月
S M T W T F S
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVE